› johの野草&季節の表情 › 2013年06月

2013年06月30日

赤升麻

あかしょうま=葉の基部に褐色の毛があるそうですヨ。


それが名前の由来かも知れませんネ。


花の大きさは5mmくらいで

最盛期は5〜7月です。


よく似た鳥足升麻の記事は こちらです ↓
http://joh.tencho.cc/d2012-06-26.html



  


Posted by joh at 17:02Comments(2)

2013年06月29日

姫碇草

ひめいかりそう=小さめの花で

梅花碇草系の雑種ということですヨ。


花の大きさは3cmくらいで

最盛期は4〜5月です。


大梅花碇草の記事は こちらです ↓
http://joh.tencho.cc/d2013-05-10.html



  


Posted by joh at 17:15Comments(2)

2013年06月27日

馬蛤葉椎の花

まてばしい=葉の形が馬蛤貝に似てるから。


花の大きさは5mmくらいで

最盛期は5〜6月です。


花の大きさは半分位ですが

形は栗の花そっくりでしたヨ。


栗の雌花の記事はこちらです ↓
http://joh.tencho.cc/d2013-06-19.html



  


Posted by joh at 17:42Comments(6)

2013年06月26日

銀梅草

ぎんばいそう=花の形が梅に似てるから。


紫陽花の仲間だそうですヨ。


花の大きさは3cmくらいで

最盛期は7〜8月です。


この花は後ろから見た姿になってしまいました。


梅の花の記事は こちらです ↓
http://joh.tencho.cc/d2009-01-21.html



  


Posted by joh at 18:04Comments(4)

2013年06月25日

無患子の雄花

むくろじ=高さが10mくらいありそうな

大木でしたヨ。


雄花の花床が 小雨のように落ちて来てたので

手を出してみました。


思ったとおりに手のひらに落ちてきましたヨ。


花床の大きさは3mmくらいでした。


  


Posted by joh at 17:57Comments(2)

2013年06月24日

銭葵

ぜにあおい=花の大きさが一文銭と同じくらいだから。


一文銭の大きさは2.3cmくらいなんですネ。


花の大きさは2.5cmくらいで

最盛期は5〜7月です。



  


Posted by joh at 18:17Comments(4)

2013年06月23日

雀の子

家の近くの道で

雀の子を見掛けました。


頭上の電線では 親が鳴いていましたヨ。


燕の子は毎年見かけるんですが

雀の子を見かけるのは久しぶりでした。


くちばしの根元はまだ ほんとに黄色でしたヨ。


無事に飛んでいったかなア。


燕の子の記事は こちらです ↓
http://joh.tencho.cc/d2010-09-25.html



  


Posted by joh at 16:31Comments(6)

2013年06月22日

和菓子=末摘花=

すえつむばな=紅花の別名ですよネ。


きんとん製小豆粒餡で美味しかったですヨ。


和菓子=藪柑子=の記事は こちらです ↓
http://joh.tencho.cc/d2013-01-26.html



  


Posted by joh at 16:41Comments(2)

2013年06月21日

ジャーマン加密列

かみつれ=オランダ語のカーミレが語源のようですヨ。


カモミールの方がよく分かりますよネ。


カモミールはリンゴの香りがするので

ギリシャ語で大地のリンゴという意味の

カマイメーロンが語源のようです。


花の大きさは3cmくらいで

最盛期は3〜5月です。


広島県北広島町大朝の「天意(あい)の里」ハーブガーデンでした。




広さは「ジャーマンカモミールだけでも

10,000?だそうですヨ。


  


Posted by joh at 17:32Comments(2)

2013年06月20日

蛇苺の実

へびいちご=ヘビの食べる苺という意味ですネ。


美味しくは無いそうですヨ。


大きさは1.5cmくらいで

小さなたくさんの粒々が実 ということです。




  


Posted by joh at 17:32Comments(4)